読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nohdomi's blog

EC、ファッションのITサービス、TOCfEによる問題解決

フューチャーセンターお試し場

FutureCenter

試し場に至る経緯

フューチャーセンターな場をつくろうと思いました。

私としては、将来、ファッション×EC で、お客様や業界を巻き込んだ問題解決の場にしたいと思っています。それとは別に某コミュニティでも、フューチャーセンターつくろうず、な話があって。

もうこれはもう、やろうよ、と。

そう、つくる前に、フューチャーセンターな場を経験したいと思いました。

フューチャーセンター

については、ひとまず(↓)。

(wikipedia)フューチャーセンター
http://ja.wikipedia.org/wiki/フューチャーセンター

フューチャーセンターとは、企業、政府、自治体などの組織が中長期的な課題の解決を目指し、様々な関係者を幅広く集め、対話を通じて新たなアイデアや問題の解決手段を見つけ出し、相互協力の下で実践するために設けられる施設である。

自分でもちょっと書いてた。
フューチャーセンターについて考える

なぜフューチャーセンター?

要は、問題解決したい!ということです。
私が取り組みたいECの問題は、いろんな種類の人が絡んでいて、自分や身の回りだけで考えても進まなそう。勉強会やコミュニティにも参加しているが、「問題解決」に焦点を当ててない。

だから、多様性を包含して問題解決に焦点をあてたフューチャーセンターをやろうと思い、自分の目の前になかったから、つくってしまおう、と考えたわけです。

でも、「人を集めてブレストすること」との違いなど、モヤっとしていることもありました。

試し場までの流れ

フューチャーセンターがよさそうだけど、正解がわからないから、まず「試す」ということに焦点を当てて、やってみよう、と考えました。

で、過去、Twitterでフューチャーセンターやりたいなぁって言ったら、協力するよ、と言ってくれた人(@kazeeechi)がいたので、彼に協力を依頼。最初は軽く飲みつつフューチャーセンターの話をしようと考えてましたが、お互い時間が取れず、いきなり試す場をやることを勝手に決定。

まず、二人の日程が合う日を決めました。(8/4土)それがこの試し場開催日のおよそ10日前。

と、そのまま何もしないまま一週間が経過。

やらない、とズルズルと先延ばししてしまうので、面子も決まってないのに、8/1に場所を予約。(その時点でキャンセル料も発生)

で、その翌日、開催2日前(8/2)、某コミュニティ?に声をかけると早々に3名から手が挙がり、面子も決定。

というドタバタでした。

当日(朝9時)

思いつくままに書いた以下のメモを参加者に配信。

  • やりたいこと

 業界を横断するFCづくりをしたい (ファッション、EC、百貨店 etc)
 多様性をもった話し合い、そこから、前向きなアクションを起こしたい。ちょうど、他のコミュニティでもフューチャーセンターをやろうとしてる。その前にちょっと試す場を経験したい。

  • ルールについて

 6つの原則以外に決めたほうがいいルールある?

フューチャーセンターの原則 富士ゼロックス
http://www.fujixerox.co.jp/solution/kdi/fc/principle.html

1.想いを持った人の、大切な問いから、すべてが始まる
2.多様な人たちの知恵が一つの場に集まる
3.集まった人たちの関係性を大切にする
4.アクティブに学び、実践、プロトタイピングする
5.あらゆる情報やアイデアを空間内に可視化する
6.良い場が、アクションを起こす(それを信じる)

  • 情報の展開について
    • 他のコミュニティに共有してしたい。
    • ブログに試したことなどをのこと書いたりしてく。

 ※参加者情報、個別の経験は、もちろん、伏せる。

  • テーマ選択

 ほんとは、広がりのある、がいいだろうけど。
→テーマ選定でも、思うことがあれば聞かせてください。


そして、とはいえ、どう進めましょう?

ブレスト?
非日常の演出するような進め方ある?

など、ざっくり思うところをメモにして、参加者に送付。

当日11時過ぎ

当日の流れも決めてなかったので、思いつくままに次のメモを送付。
もう開始2時間前なんで、参加者が見てないことも承知の上で。

本日の予定(2時間ー3時間)

  • はじめに
    • 30分ー1時間:FCについて。
      • FCとはなんぞ?どうやればFC?FCについて共有します。
      • 形が重要じゃないけど、まず定義に近い形でやりたい。その上で、模索していく。
      • 重要なのは、場を継続すること。
  • テーマ選定
    • 1時間ー1時間半:テーマについてのブレスト(?)。
  • ふりかえり
    • 30分:ふりかえりの時間

当日13時集合時間

で、やってみてどうだったか。

それは、また次号(たぶん書く)