読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nohdomi's blog

EC、ファッションのITサービス、TOCfEによる問題解決

ECサイトでのお買い物の満足度を考える

EC ファッション

ECサイトでのお買い物(主に衣料)の満足度について考えてみる。


ネット購入の便利さはどこに?

ネットは簡単に買えると考えてる人も多いが、手元に届くまでの時間は、そんなに短くない。
近くにショップがあれば、実はショップで買うほうが早いことが多い。

例えば、今日が水曜で、週末に服を買いに行くことを考える。
(時間は、あくまでストーリーのための仮設定)

 ・週末、ショップに行くまで(3日間)
 ・店でどれを買うか悩んで(1時間)

ネットだとどうか、

 ・購入までに商品を選ぶ(1時間)
 ・配送、受取まで(3日間)

土日に受け取りたいなら、実際に土日までに配送されない場合、
ネットのほうが更に受け取るまでに時間がかかることもある。

ネットが便利だと思われてるのは、
買う決断までの時間を著しく短くしたことにある。
実際に上記の例だと、3日が1時間になっている。

・買いたいときに買える。
・売る側はもちろん、売る好機を逃さずにすむ。

双方に、それなりにメリットがある。

但し、上記の例だと、商品を受け取るまでの時間は残念ながら変わらない。。


便利にはなったが、、満足しているか?

最近、おもしろいスピーチを見た。

ダニエル・カーネマン: 経験と記憶の謎

より直近の記憶が、経験の記憶として残ってしまうというものです。

スピーチにある検査の話では、

(A)のほうが検査時間が短いが、最後に結構な痛みを伴っているため、
検査時間が長く痛みが大きかった(B)より、嫌な記憶として残ってしまう。

これを痛みではなく、買い物の満足に置き換えて、
ショップで買うか、ネットで買うかを例に考えてみる。

ショップの場合、自分で見て、触って選ぶから、そこそこに満足・納得して買うことになる。

こんなん欲しくないよーという商品を
 わざわざレジまで持ってく奇特な人はあまりないだろう。

ネットだとどうか?

箱を開けてみて「3日待って、これかよ!」ということはある。
現実には、商品を受け取る以前に、配送業者の扱いが雑だったりで、箱がつぶれたり、汚れたり、それだけで返品されることもある。
(ということもある、という話です。配送の方、いつもありがとうございます。)

結局、商品を受け取ったとき・箱を開けたときの記憶が、その買い物全体の評価を左右してしまう!ことになり、もうネットで購入なんかしない!という方も出てくるでしょう。

まして、受け取りまでに期待が膨らんでいると、期待外れの度合も大きくなるし、イメージやサイズが異なってしまうと、満足以前に納得すら得られないことになる!!


ネットで上手に買い物するには

高価な商品を買えば、期待も大きくなる分、その危険性は高くなると感じる。
買い慣れないうちは、ネットで高額のお買い物というのは避けるのが、うまいやり方かもしれない。

イメージが異ならない、日用品や消耗品だけに利用するというものいいかもしれない。
(それだと私は困るわけですが・・)

地方にいて、ショップまでいけない。
とか大きな理由があれば、その辺、ある程度、納得してしまう方もいると思われる。

ダニエル・カーネマンのスピーチであれば、
配送までの時間が仮に短くなっても、それは納得や満足の記憶とはあまり関係がない、ということになる。

きっと配送が3日から1時間になっても、箱開けて「なんだよ、これ!」ということがある限り、満足した記憶は残らない。


商品イメージの差異をなくす

では、何もできないのか?

売り手側の工夫としては、
 少しでも、商品イメージとの差異を少なくしようとしている。

・メーカーサイズではなく、実寸を測って表示
・商品画像を増やす
 (モデルを使った動きのある画像、いろんな角度、細部の画像)

参考:
ファッション系Eコマースにおける「商品写真」のあり方について、今一度よく考えてみよう
http://in-fashion.biz/ec/2820/


ただ、こういった取組も、

 ・着慣れたブランドだと、実寸表示がアダとなる
 ・モデルの体型と自分の体型が違うから、イメージが異なる
 ・商品撮影に、どれだけ時間なりコストなりをかけられるか?

という問題が残る。


買い慣れない人からすると、細かいサイズ表示は、逆にわかりにくいし、

この辺、まだまだ工夫の余地がありそうだ。


新たな取り組み

更に最近では、メーカーのキャンペーンあたりから始まった着せ替えなんかのサービスもある。

polyvore
http://www.polyvore.com/

Webカメラを使った採寸サービスが、ドイツのベンチャーあたりがやってるとか聞いたので、
その辺と、組み合わせたサービスなんかも考えられる。

また、料理ではクックパッドさんなど、レシピサイトが大きくなってきている。

レシピサイトみたいに、着こなしを紹介するサービスがもっとあってもいいと思うし、

メーカーは嫌がるかもしれないけど、
同じブランドや同じデザイナーの評判(口コミ)なんかが、ギャップを埋める手立てとなるかも。


と期待しつつ、
自分ができそうなことにも考えて、提案していかないとな。