読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nohdomi's blog

EC、ファッションのITサービス、TOCfEによる問題解決

【CMS】ツール導入や自作以外の道

仕事でCMSに絡むことがあり、少し書いてみます。

なお、この記事は、WebCMS Advent Calendar 2012の19日目の記事にもなっています。
(というかCMSに絡んだことを、少しでも、何かの形で残すきっかけになるかと思い、Advent Calendarに登録してみました)


CMSとの付き合い

私自身、今年の年初、今の会社に入社するまで、あまりCMSを意識することもなく、昨年までは、Web系の仕事でもなかったので、

  • CMSについて、(他社の)事例を知らない
  • せいぜい同じような機能を使うのは、ブログの編集用くらい*1
  • そもそもWEB系の技術に疎い

です。

で、入社してから触った社内向けのCMSも設計から入ったわけでもなく、自分で開発もしてません。
(開発は、協力会社さんにお願いしました)


じゃ何をしてきて、何がわかるのか?

設計レビューの途中から参画し、受入のテスト、リリースに絡んでました。
開発されたものの受入側ですが、途中参画したもんで、まぁ、導入の経緯、CMSと呼んでいるものの目的、現場のニーズ、どれもフワフワしていました。(正直、今でも、そういう部分はあります)

わかることといえば、

  • 今の社内のCMSで何ができるか
  • 社内のCMSで、どういう障害や要望が上がってきているか

といったことです。


で、長い前フリのあと、言いたいことは、
CMSの機能を一部だけでも作りませんか?」
という提案です。


どんなCMSを利用している?

CMSというと、

ということになるかと思われますが、実際には、できる部分だけを自作する、という手もあるんじゃないでしょうか。


CMSには様々なツールがあふれてます。私は今の会社に入社してすぐ、これから開発されようとしている社内向けCMSをみて感じたのは、「えっ、こんな程度の機能なの?」ってことでした。

でも、リリース後、実際にデータ登録されていく様を見てわかったことは、すごい狭い用途でも、あれば非常に助かるし、サービスの目的に合致する使い方もできるということです。(実際にそこまで狭い用途でもなかった・・)
手間かかるとこだけ自動化したり、更新の際、間違いが少なくなれば、それだけでもいい。


で、できるとこだけ開発してみては?
ということを考えるようになりました。


つくってみる?

もちろん、機能追加を続けたツギハギのCMSが技術的な負債になることを考え、「そんなことすべきじゃない」と考えるのも頷けますし、「うちはツールがあるから必要ない」というのも理解できます。

でも、ツールを導入してうまくいかなければ、それはツールの不満で終わりますが、一部だけでも自動化・効率化を図れば、新たな問題も見えてくるはず。

単機能だけ自作しても、それはもうCMSでも何でもないかもだけど、やってみる価値もあると思います。

例えば、技術的に弱く、不明なことが多くても、
 配信だけ、
 プレビュー機能だけ
なら、チャレンジできるかもしれません。


例えば、以下のようなこと、手作業でやってませんか?

  • 特定エリアの編集、データ登録などからファイル(html,jsp)生成
  • サーバへのファイル転送
  • ページのバージョン管理
  • 公開開始、終了日時のコントロール

実装できそうな部分はありますか?
ツールはあるけど、いまいちだと感じる部分、あればいいな、という機能はありませんか?


ということで、作ってみよっかな、
と思ってしまったら、次に考えることは・・・


と、今回はこの辺にして、次は「CMSの一部機能でも実装するにあたって、まず考えること」を書けたらな、と思います。
(果たして年内のAdvent Calendarに間に合うか?それともこのまま放置するのか?)

*1:ブログとの違いに関しての記事:HTMLを知らない人でもWebサイトが作れるCMSとは?コンテンツをアップしたり、管理したりするという意味で、ここではブログツールも同じものとして扱います。